キリスト教葬儀社のおすすめ情報と施工実例。

母のためのキリスト者葬送を住居でやりたい、とのご要望をご令息より仰せつかりました。

もうご逝去されたお父上は熱心に教会へ行かれていて、母君も共に聖日礼拝に行くことも頻繁にあった。

ハズバンドが召天されてから、熱心にバイブルの福音を勉強するようになったとおっしゃっていました。

教会で洗礼を授かったわけではなく、宗教組織に所属していたわけでもないですが、母君のために教会の司祭に祈っていただきたいとのご要請を仰せつかり、邸宅にてキリスト者お見送りを開催させていただきました。



キリスト教式で葬礼をしたいが、仏寺の墓はどうしたらいいのか?お骨を引っ越したいけれども、費用が抑えられる手段は?キリスト者葬祭電話センターでは、墓石の案内や納骨もお手伝いさせていただきます。

葬礼の儀式に必要な値段が高すぎるから弔い式に困る。

1980年代の時には葬礼の儀式のお金に大金を費やしても、当節では変わっている。

葬儀屋さんの人員は、商行為のトークでこちらの不遇に乗じてくる。

自分の所得の状態や宗教事情に合わせた葬祭を行うには何をすればいいのか?。

付けたしの値段が不要の、総じた告別式金額を知っておくには?。

書類を送ってもらい、文章で必要経費を確かめてください。





[PR]
# by christian0gf | 2017-09-27 14:53 | キリスト教葬儀 | Comments(0)

キリスト教お墓の意義や刻む文字の規定と価格相場情報。

日本の地で基督教に入信するとき、相対する命題は先祖のお墓をどうすればいいのかが多いと思います。

長男といういことで先祖のお墓を継承しなければならない男性。

ハズバンドが寺院の墓を有している家筋だから、自分もそこへ入らざるを得ないキリスト者の女性。

妹背 で宗教の対象が異なるとき、一緒のお墓でいいのか?。


キリスト教信仰者がお墓を建てる要旨は、よみがえりの時のために備えるためである。

世の終末には、すべての人々が生き返って、最後のジャッジメントを受けることになるというように聖書で教えられています。

決して、身体と無関連ではございません。


お墓を立てるには墓地と墓石が必要ですが、墓石は70~300万円が一般的です。





[PR]
# by christian0gf | 2017-09-27 14:51 | キリスト教 墓石 | Comments(0)

キリスト教墓石デザインは信仰心の表明として造る。

クリスチャンお墓建立ガイド。

キリスト教墓石の理念や葬りの儀式。


クリスチャンがお墓をつくる意義は、最後の審判の前の復活のために保管しておくためである。

世の終わりの時には、すべての人間がよみがえらされて、最後のジャッジメントを迎えるようになるというようにバイブルで教えられています。

まったく、生前の体と関連がないわけではない。

イスラエルという国のオリーブ山には、救済主の再臨の時になるべく早くお墓の中から甦らされて、空中に携挙されるために、幾多の聖書信仰者が石の棺の中に体を埋葬しています。

こういった基督教の復活信条のもとに石棺へお骨を安置しておくということが、キリスト教にとって墓石の趣旨です。




[PR]
# by christian0gf | 2017-09-27 14:48 | キリスト教 墓石 | Comments(0)

キリスト教葬儀の意義や流れと御ことば。

母親のための教会員葬祭を、息子様よりご依頼いただきました。

85才の母は、およそ40年前にアメリカの長老派教会で教会で洗礼を授かったそうです。

けれども、帰国してからは和の雰囲気の教会が合わず、あまりチャペルに行くことは多くはなかったようです。

コンディションを崩して緩和病棟に入ってから、万が一の時にはキリスト教式で行ってもらいたいと希望され、ご長男様が決めたとおっしゃられていました。


墓守りっていうのは、一族にとってものすごく重要な事柄なので、厄介ごとになることが多々あるはずです。

キリスト教信仰者がお墓を造る価値は、最後の審判の前の復活の時のために備えるということである。

この世の終末には、あらゆる人間が蘇って、最後の審判を迎える時が来ると聖なる書物で教えられています。

断じて、身体と関連がないわけではございません。

イスラエルの地域にあるオリーブ山には、神の子の再臨の日に直ちに死人の中から復活させられ、イエス様のもとに携挙されるために、数多くのクリスチャンが石棺を用意して埋葬して備えています。



[PR]
# by christian0gf | 2017-08-24 14:59 | キリスト教葬儀 | Comments(0)

キリスト教墓石に彫る文字や模様。

キリスト教信者お墓建立ガイド。

お墓の理念や葬りの儀式。

日本で生活している人がキリスト教を信じようとするとき、取り組まなければならない難題というのは墓守りをどうしていくのかではないでしょうか。

長男だからお墓を継承しなければいけない男性。

夫が代々の墓石を所有している家筋なので、自分もそこへ入らざるを得ないキリスト者のご夫人。

夫と妻で信じている宗教が相違するようなとき、一緒のお墓でいいのか?。

お墓は、近親者にとってものすごく大事な事物でありますから、悩むことが度々あるはずです。


お父さんのキリスト者弔いを、ご長女よりご注文受けました。

ご高齢で召天されたため、親しい方は以前にご逝去されているため、ご遺族のみでの基督教葬儀をご希望くださいました。

お父様もご子息も、地域のチャーチへは加入していないのではありますが、イエス様への信仰はあり、ご自宅にてファミリーと共に聖書勉強やお祈りを行うことが何度もあったそうです。

父君が信仰を抱いて息を引き取られたので、ご遺族は悲哀はありながらも、神さまの御許に導かれたということを信じて安心しているご様子でした。




[PR]
# by christian0gf | 2017-08-24 14:48 | キリスト教 墓石 | Comments(0)